住宅リノベーション

ホーム   »   WORKS   »   住宅リノベーション

今のわたしにちょうどいい、リノベーションで叶える暮らし 1

阿南市にお住まいのN様ご夫妻。

 

戸建て住宅のフルリノベーションをさせていただきました。

 

まずは現地調査。

 

現状や躯体自体を確認。

 

見落としがちな部分に関しても、既存住宅状況調査技術者としてこれまで様々な住宅診断をしている棟梁。

 

細かな部分も時間をかけて確認していきました。

 

 

・・・約3ケ月の工事期間終了後、かわいいBabyちゃんと一緒に新しい暮らしをスタートさせたNご夫妻。

家族も増えてわいわい楽しい暮らしをリノベーションで叶えることができました。

 

すっかり雰囲気が変わったLDK。ご主人の第一声「まるでモデルハウスみたい!」」
キッチンはゆったりとスペースを取って使いやすく。真っ白のタイルが印象的なキッチン。
お部屋の中にもステキな照明を。小物を飾れるスペースを。
寝室の横にはオープンクローゼットを新設。

今のわたしにちょうどいい、リノベーションで叶える暮らし 2

お家づくりの中でまずはじめに大切なのが「お金」のこと。

 

お客様の考える予算の中でどうやって理想のカタチに近づけていくか。

 

間取りを作成・提案していく中で、お客様とお家、両方に寄り添いながら

 

予算にあわせて、少し先の将来を考えながら「今の自分にあった暮らし」の為の間取りや仕様を。

 

BATAHOUSEが精一杯できることをご提案しています。

奥様のこだわったブルーのタイル。スッキリシンプルな使いやすい水まわりに。
雰囲気ががらっと変わった玄関まわり。大きな工事をしなくても、コーディネートによって雰囲気ががらりと変わりました。
コンクリートの階段は絨毯を張り替えて。真鍮のブラケットライトとふかふかの絨毯はまるでホテルの階段のよう。
BATAHOUSEにもある手洗い。奥様のお気にいり。BATAHOUSEでは設備はともかくミラーなどの小物もすべて女性インテリアコーディネーターがご提案

今のわたしにちょうどいい、リノベーションで叶える暮らし 3

BATAHOUSEが想う家づくりとは、どこで建てるかではなく誰と建てるか?

 

リノベーションするにあたって、「ここはどうなるんだろう」

「どれくらい費用がかかるのだろう」

 

様々な不安や心配が出てくるのはみんな一緒です。

 

BATAHOUSEではお客様の不安や心配ごと。

 

棟梁とスタッフが1つ1つ解決しながら、進めていきます。

 

やりたいこと、叶えたいこと。

 

わがままはいくらでも、話してください。

2Fはモノ置きになっていましたが、これからは子供室として!ブルーのドアとブルーの壁紙の優しい色使い。
2Fのもう1つの子供室。
造作のTVボードは間接照明を。リビング収納もたっぷり。
お引渡しの1枚。N様ご夫妻ありがとうございました。

眺望のいいマンションリノベーション 1

BATA HOUSEのそのままのイメージが大好きです♪

と来てくださったO様ご家族。

 

徳島市内の眺望のいいマンションを購入されて、リノベーションを考えている時に、たまたまBATA HOUSEのショールームを知ってくださったのがご縁でこの度、マンションリノベーション工事をさせて頂きました。

 

 

素敵なご縁とタイミングに感謝♪

 

「ネイビーやベージュやホワイト、定番の色が好きなんです」と奥さま。

 

ベーシックな中にもこなれ感のある、そして今の流行もさらりと取り入れたお洋服を着こなされているいつも素敵な奥様。

 

今回のリノベーションの内装やインテリアにもそのまま反映された、

甘すぎず、すっきりとした奥さまのイメージそのままの、清潔感のある空間に仕上がりました。

 

間取りも水周りを含めて大きく変更。ほぼスケルトン状態から設備の入れ替え。

 

間取りに関しても「使いやすい動線」と「使い勝手のいい収納」をO様の暮らし方、そしてこれからの暮らしのイメージをしっかりヒアリングした上で、ご提案させていただきました。

玄関ドアを開けると、リビングドアのネイビーとニッチのネイビーが印象的。マリンランプや明かり取りのモールガラス、真っ白の陶器のアメリカンスイッチ。甘すぎずすっきりと。
玄関横には土間続きの収納スペースを。収納力のある可動棚に、コートもかけられるパイプハンガーも取付て、さらに使いやすく。グレー×ホワイトのストライプの壁紙が今っぽくてとおしゃれなスペースに。開口もニッチもおうち型。これも甘くしないポイント。
ご主人の希望で小さなタタミスペースを。床となじむ灰桜色のタタミですっきりモダンなスペースに。イエローのクッションがポイントに。
ダイニングスペースにはカウンターを。STUDYスペースにも使えるように素敵な木製ブラケットライトも取付けました。その他の照明も、コーディネーターと一緒に決めたこだわりの照明ばかり。

眺望のいいマンションリノベーション 2

お引渡しの時、「この素敵なおうちは誰のおうち?((笑))」と。奥さま。

 

そして、「クローゼットの大きな鏡の前でお嬢ちゃんがダンスをしてくれるんです♪」と。

 

実はこの大きな鏡、もともとこちらのマンションの既存の下駄箱の上にあった鏡を解体時に大切に取って!とコーディネーターが職人さんにお願いして、棟梁がリメイクして作ったもの。

 

使えるモノは最大限に使う!

活かせるモノは活かす!BATA HOUSE!

 

小さな事かもしれませんが、これもとても喜んでくださって、スタッフは嬉しく思いました♪

 

これからも益々、O様らしい暮らしを描いていってくださると思います。

 

O様、ありがとうございました♪

リビングの壁は板張りに。TVボードは棟梁からのプレゼント♪
子供部屋は淡いパープルに小さなゴールドのドットの壁紙を。奥さまチョイスの壁紙、おしゃれ子供部屋の完成♪子供部屋だからと言って甘すぎない色使いがいいのだ。
BATA HOUSEのショールームとおんなじのしたい!のリクエストを頂き、アイアンの縦格子を。抜け感がちょうどいいお部屋のポイントに。
BATA HOUEオリジナルの造作洗面台。ここもグレー×ホワイト×ネイビーにこだわって。これまた甘すぎず、清潔感があって、スッキリ使いやすく。

笑顔いっぱいの家 1

ご実家の1F部分をリノベーション。

 

一部店舗仕様でしたが、土間の部分もうまく取り入れLDKにしました。

 

奥様がキッチン使いたかったのが、このタイル!

 

ブルーの色がとっても素敵と喜んでくださいました。

 

女性はキッチンに立っている時間が長いものですが、好きなモノに囲まれたスペースというのは長時間の家事も楽しくこなすことができますね。

 

無垢の床の色も塗りサンプルを見て頂き、現場で打ち合わせ。

 

リビングの延長としても使えるデッキを張り、家族やお友達とゆっくりくつろげるスペースに。

木製シェードのペンダントライト。パントリーの木製建具とあわせて木のあたたかみのあるキッチンスペースに。
無駄を省いたシンプルな造作キッチン。
夜の雰囲気もとても素敵なO様邸。リビングからの南面にはウッドデッキを。お茶もできるスペース。
ドアの横の開口スペースは実は造り付けのデスク。一段さがったLDKを見下ろすことができます。

笑顔いっぱいの家 2

外構もあわせて工事させていただき、とても素敵に仕上がりました。

 

リビングの延長としても使えるデッキを張り、家族やお友達とゆっくりくつろげるスペースに。

 

 

 

 

「リノベーションして家族がもっと仲良しになりました♪」とN様。

 

とっても嬉しいお言葉を頂きました。

 

そして、工事中もBATA HOUSE職人・スタッフみんなにお気遣いをたくさん頂きほっこり心温まる現場になりました♪

和室は襖を入れ替え、半間の押入をデスクに。
中庭に向かって座ってお勉強できる兄弟のデスクを造り付け。
リビングスペースには、収納になるベンチを造り付け。いろんな使い方ができる家具。
飾り棚もアイアンのリングになった棚受けを使って。素敵なインテリアの一部に。

おしゃれGRAYなおうち 1

鳴門市にお住まいのとってもおしゃれなSご夫婦の中古マンションをフルリノベーション。

 

ファッションでも万能カラーであるグレーをアクセントに、素敵なお部屋になりました。

 

グレーはインテリアに取り入れると暗そうなイメージがすると言われますが、実は上品なインテリアを作るのに最適な色です。

 

 

お打ち合わせにはお母様にも同席いただいて、とことん打合せ。

 

お母様はおしゃれ上級者♪毎回お洋服もとっても素敵なお母様でした!

 

しっかりインテリアのイメージも固まっていたので、あまり迷われることなく、「こんな風に、あんな風に。」といろんなお話を積み重ねることができました。

 

どんな暮らしがしたいのか?

そのイメージが具体的であればあるほど、満足いくリノベーションに繋がります。

ホワイトの木製扉のシステムキッチン。背面にはカウンターを造り付けて、使いやすい家事動線・収納力アップのキッチンスペースになりました。
サロンとしても使用するお部屋には小ぶりのシャンデリアを。派手すぎず、しっくり馴染むサイズ感とアンティーク感あるデザインがポイント。
ドアはすべてBATA HOUSEオリジナル。ドアノブやガラスにもすべてこだわってデザインします。廊下のブラケットライトもポイントに。
リビングスペース。格子の内窓をとることで、お部屋が明るく

おしゃれGRAYなおうち 2

奥さまから「小ぶりな甘すぎないシャンデリアを取付たいんです」とのご相談を頂きました。

シャンデリアというと、豪華なイメージですが、

こんな小ぶりなシャンデリアだと甘すぎず、他のインテリアにもすんなりなじんでくれます。

 

 

照明のコーディネートもBATA HOUSEではコーディネーターによる素敵なプランをご提案させて頂きます。

 

 

S様の今回のリノベーション、家具やカーテン、小物に至るまですべてご提案させて頂きました。

リビング側から格子の内窓の向こうにはこぶりなシャンデリア。甘くなりがちなシャンデリアですがコンクリートの壁が甘さを抑えてくれます。
リボンなどを保管しておくラックも造り付けさせて頂きました。
無骨なしっかりとしたダイニングテーブルには、鋲がかっこいい椅子をあわせて。
壁掛けTVの背面はブリックレンガ風の壁紙を。TVボードも造り付けていつもスッキリと細々したものも収納できます。
ページの先頭へ