新築

ホーム   »   WORKS   »   新築

アクティブシニアがいきいきと住まう、安全で安心なストレスフリーの平屋のお家 1

棟梁の地元、吉野川市にアクティブシニアが住まうお家が完成しました。

 

いつまでも前向きな暮らしができる家。

 

誰もが望む、アクティブに元気に暮らすこと。

 

しかし現実として、歳を追うごとに、思うように身体が動かない。

 

身体的に精神的に、不安を抱えることも。

 

「自立した暮らし」を続けていく為には、まずは安全に暮らすことができる家が必要です。

 

安全だからこそ、安心して毎日を暮らすことができる。

 

 

そんな「理想の暮らし」ができる住まいをこの度、BATA HOUSEはお手伝いさせて頂きました。

ネイビーの屋根にポーチタイルもブルーで。広い敷地もアプローチは段差なく安心。将来にむけて手摺の下地も。
落ち着いたカラーのポストは室内のアクセントカラーとリンクさせて。
輸入壁紙がアクセントのお客様用のクロークもリビング入口に。その横には掃除機専用のスペースも確保。
広いリビングは床暖房完備。そして、壁掛けTVやお仏壇の位置もきめて家具を造作。たっぷり入るリビング収納も。

アクティブシニアがいきいきと住まう、安全で安心なストレスフリーの平屋のお家 2

シニアが住宅で困っていること。

 

例えば、家の中や玄関まわりの段差。

そもそも不便な間取り。

設備の使いにくさなど。

 

 

お家の中の普段の暮らしの中での小さなストレスが、行動範囲までもを狭めてしまいがち。

 

いつまでも元気に、前向きに自立した暮らしを送るためには、

 

これまでの暮らし方を基準として、ストレスフリーな、将来を考えた間取りや設備などが必要です。

 

東京~徳島と離れている状況の中、お施主様と何度も何度も打ち合わせを重ね、

 

お施主様の暮らし方に対応した間取りを実現しました。

 

 

「すべて快適で、田舎での暮らしが毎日楽しい!」

 

そう言ってもらい、棟梁・スタッフ共々とても嬉しく思っています。

 

また、BATA HOUSEがこだわる収納。

 

シニア世代になってくると、高いスペースや極端に低いスペースのモノの出し入れは身体に大きな負担をかけてしまいます。

 

例えば、この度、廊下のスペースに造ったリネン類の収納。

 

中段の高さを低めに。「使いやすい事」を最優先に考える。

 

そうすることで、出し入れする際の身体への負担が最小限に。

 

キッチンスペースもあえて吊戸棚は付けませんでした。

 

高い場所に一旦モノを入れても出し入れが億劫になり死蔵品置き場になりがちだから。

 

 

そして、小さな小さなことですが、コンセントの高さ。

 

掃除機をかける際、腰を曲げることなく動作できる少し高めの位置に。

 

スイッチも通常よりも少し低めの位置に。

 

そうすることで、身体的負担もぐっと解消されます。

 

 

夜のお手洗いの動線はともかく、足元を照らすフットライトを完備。

 

照明計画にも小さな思いやりと安心を。

 

 

シニア世代にとってストレスフリーな家づくりは、ほんの小さな工夫の積み重ね。

 

BATA HOUSEはお客様の立場に立って考えた思いやりを積み重ね、形にしていきました。

 

明るいリビングのカーテンにこだわって。ダイニングに張ったモリス壁紙と同じファブリックをちらりと使って。赤いラインが引き締め役とアクセントに。
奥様お気に入りのキッチン&ダイニングスペース。ごろんと寝転んでゆっくりくつろげるタタミのあるスペースに。キッチンの足元、ダイニングの足元にも床暖房を完備。寒い日も安心です。
寝室は落ち着いた床の色に。01輸入壁紙を1面に張りアクセントに。02 ウォークインクローゼットも広くとって使いやすく。
01 WCスペースにも輸入壁紙を。グレー×ホワイトが清潔感たっぷり。02 ゲストルーム横の手洗いスペース。シンプルだけど照明や陶器のタオルハンガーをつけておしゃれなスペースに。03 もう1つのWCスペース。将来の介護を考えてかなり広めに。

アクティブシニアがいきいきと住まう、安全で安心なストレスフリーの平屋のお家 3

内装にもこだわりを。

 

ヨーロッパの壁紙をたくさん使って。

 

カーテンにもうんと、こだわって。

 

毎日の暮らしの中でのいろんなシーン。

 

例えば朝起きると窓辺には、大好きなカーテンが。

 

部屋に入ると、こだわって選んだ大好きな壁紙が。

 

それだけで、気持ちが明るく前向きになる。

 

インテリアにはそんなパワーがある。

 

「インテリアの魔法のスパイス」をお施主様と一緒にたくさん盛り込みました。

BATA HOUSEがいつもお世話になっているsan-saiさんと一緒に時間をかけて打ち合わせ
壁紙と同じファブリックを使って。
このスペースが奥様一番のお気に入り!素敵な仕掛け、わかりますか?!

パーソナルトレーニングサロン併設のお家 1

店舗併設住宅のご新築。

 

WADA BODY WORKS https://www.wadakana.com/ 

 

徳島で数少ない女性トレーナーの和田佳那先生の店舗兼ご自宅。

 

 「トレーニングサロン」と聞くと、男性っぽい雰囲気を想像しがちですが、WADA BODY WORKSはナチュラルで爽やかなサロン。

 

 

女性トレーナーと一緒に自分の身体に向き合う、自分だけの時間を心地よく過ごせる空間。

 

サロンに関しては、そんなコンセプトで完成しました。

 

 

爽やかで清潔感ある店舗とご自宅の内装はあえてまったく違う雰囲気に。

 

ご自宅の内装は、ご夫婦の「好き」と「やりたかったこと」がたくさん。

 

遊び心あるご主人のプライベートスペースをはじめ、佳那先生の「やりたかった」素敵な家族写真と時計のコラージュも♪

 

 

BATA HOUSEのお家づくりのスタートは様々なヒアリングからはじまります。

しかも細かく、深く。

インテリアコーディネーター・整理収納アドバイザーと一緒に現状の暮らしからの改善したいところをはじめ、理想の暮らし方、モノの量、持っているモノなども含めて様々な角度から「暮らし」についてヒアリングを重ねていきます。

 

そうすることで、見えてくる自分の暮らしのカタチや間取り。

 

そんな中、一番のこだわりが、忙しいご夫婦にとって、少しでも家事が楽になるように動線をしっかり考えた収納プラン。

特にこだわったのが、お洗濯動線。

 

広く取ったバルコニースペースで干す→しまうの動線が圧倒的に「ラク」に!

 

あらゆるところに、少しでも楽に、そしておしゃれに快適に生活できるような工夫がいっぱいのお家になりました。


お家づくりの悩みの中でのトップは「収納」に関すること。

収納プランをしっかり考えたうえで、お家づくりをすると、他にもプラスの効果がたくさん。

 

自分の暮らしに必要なモノと必要でないモノ。

 

モノを見直すことは「暮らし」を見直すことに繋がります。

 

お家づくりはまさに、そのチャンス。

 

BATA HOUSEでは、ただお家を造るだけでなく、お客様の「暮らし」に寄り添ったお家づくりを住宅収納のスペシャリストと一緒に考えます。

また、お引渡し後のお引越しからのモノの収納の仕方まで、すべてワンストップでお手伝いさせて頂いております。

 


ご竣工おめでとうございます♪
店舗ファサードは木の温もりあるシンプルな仕上がりに。ロゴにもこだわって。
リビングの内窓から。ただいま!と帰ってきたら玄関スペースにLDKからの明かりがこぼれます
お施主様こだわりの小下がりのリビングスペース。タタミのスペースでのんびり。

パーソナルトレーニングサロン併設のお家 2

遊び心のある家づくり。

 

2F寝室には佳那先生が「したかったこと」の1つ。

写真と時計のコラージュ。

 

時計の針先の額には、毎年家族でプロのカメラマンに撮ってもらっている素敵な写真の数々が。

 

モノクロにした写真はさらにスペースに馴染んで素敵なポイントに。

 

海外のインテリア雑誌に出てくるような、コラージュ。

 

ベージュの壁紙と床と額の色合いも素敵。

 

そして、ご主人のプライベートスペース。

 

施工途中は「忍者部屋」と名付けられた(笑)このスペース。

 

「忍者窓」があるから忍者部屋。ニンニン♪

 

にじり口のような小さな入り口を入ると、ご主人の趣味のモノがたくさん飾れるスペースに。

 

とってもおしゃれさんなご主人が選ばれたクラックガラスのペンダントライト、そして、こっくりとした木の色に森の中にいるようなグリーンの壁紙。

1人掛けのソファでくつろぎながら、のんびりできる。

「くすっ」と笑える小さな楽しいスペースに仕上がりました。

まだ小さな子供さんがいらっしゃる為に、少し高めに設定しました。
素敵な写真の数々。
ご主人のプライベートスペース。名付けて忍者部屋!
オープン前の撮影風景!プロの女性カメラマンとかわいいモデルさんによる撮影。

美容室のある家 1

美容院併設のとっても大きな敷地の大きなお家。

 

南の海が大好きという奥様のイメージ通りの壁紙や、美容院の前のテラスには南の島を思いおこす植栽を。

照明もマリンランプを取付けました。

 

 

自宅部分の和室はネイビーの壁紙にカーテン、そして半畳タタミはグレーであわせてすっきりとシンプルな和室に仕上げました。

 

広く明るい洗面台は、コストダウンもかねてIKEAの水栓などを使って。

清潔感もあって使い勝手のよい大きなシンクを。

 

「小さな子供の汚れたものやパパの野球のユニフォームなどを手洗いしたいんです!」

ということで、洗面室に勝手口を設けました。

 

すぐ横には便利なスロップシンクを。

 

泥んこで帰ってきても、ママはイライラせず、お洗濯できます。

 

暮らしの動線をしっかり把握した上での家づくり。

 

暮し方は家族の数だけあって、それぞれ違います。

 

BATA HOUSEでは、一番楽で便利で使いやすい、お客様の暮らしを1番に

 

考えた家づくりをしています。

 

 

 

 

あらわしの梁は旦那様がDIYで塗装!BATA HOUSEではお施主様のセルフDIY大歓迎です。
マリンランプがポイントに。
ネイビー×グレーのシンプルな和室。
スロップシンクがあるととっても便利。

美容室のある家 2

玄関まホワイトのドア。真っ赤なポストが印象的。
子供室にはロフトスペース。芝生をイメージしたグリーンの床。
店舗のドアもマリンをイメージした小窓つき。
広いリビングスペース。造作のTVボードに見せる収納をプラス。
ページの先頭へ