収納を考えたリノベーション

ホーム   »   WORKS   »   収納を考えたリノベーション

片づけられる家づくり。リノベーションで叶えよう。

整理収納アドバイザー×BATA HOUSEのすっきり片づけられるお部屋づくり。

お引越しを機に、「LDKに子供の勉強できるスペースを。」

「モノを厳選して、すっきり暮らしができる収納を。」

というコンセプトのもと、BATA HOUSEは造作家具でお手伝いをさせて頂きました。

デザインとコーディネートは整理収納アドバイザー・インテリアコーディネーターのみなもと麻衣子氏。

3人の子供たちのデスクは、前面に収納をつくり、テキストや教科書などをたっぷり収納できるように。下にはシンプルなキャビネットを組み入れて、筆記用具なのどモノの定位置を決めたり、あとから、ホワイトのマグネットボードも取り付け(大正解!とママに喜んでいただけました)学校からのプリントや書類をマグネットで貼れるようにすることで壁紙も傷みません。

手元の照明も間接照明を入れて、デスク上はいつもスッキリを保てます!

すぐに勉強に取り掛かれる環境と収納を造りました。

しかもデスクの並びには実はキッチンが♪ママがキッチンに立ってお料理している時も子供たちの様子がわかるという、視線計画。

ママと娘さんの広い寝室には納戸スペースを。その背面を利用して、お化粧カウンターを造作。こちらは落ち着いたグレイッシュパープルに、ホワイトの琺瑯のブラケットライトや陶器のスイッチがポイントに。

クラシカルだけど、かわいい使いやすいお化粧カウンターになりました。

可動棚にはぴったりサイズの収納かごを組み込んで。

造作ならではの細かなサイズ決めは、無駄なスペースやデッドスペースをなくし、より収納しやすく片づけやすいスペースになります。

息子くん2人のお部屋は思い切って、折れ戸を取って、使いやすいオープンクローゼットに。グリーンの壁紙にグリーン×生成りのカーテン!明るいお部屋がさらに爽やかな明るさに。

そして、子供部屋だけど子供部屋しすぎない!お部屋に。

 

小さなリノベーション。

片付けは仕組み作りと言いますが・・・。

■ そもそも収納スペースが少ない。→収納グッズを買っては何か違う。。。の繰り返し。

■ 収納をどうにかしたいけど、どうすればいいのかわからない。→相談って誰にすればいいの?

■ おしゃれに快適な収納スペースを造りたい。→女性目線で、しかも素敵に変えたい!

こんなお悩みをお持ちの方。

整理収納アドバイザー×BATA HOUSEと一緒に、快適なお家づくり&収納スペースを作りませんか?

大人っぽいグレイッシュパープルにニッチのストライプの壁紙がとても素敵なお化粧カウンター。ママと並んで身支度が楽しみな時間に♪
たくさんお勉強してね!ママも安心の3人兄弟の造り付けデスク。
カーテンやあわせる家具でこんなに素敵に変わるんですね!とお施主様。そうなんです!
大きな工事はしていない、子供室。オープンクローゼットにすることで折戸の折れ代分、スペースを有効活用できます。特に子供室の収納にはおすすめ
ページの先頭へ